半自動ラビング装置

 

半自動ラビング装置

ラビング装置は液晶表示素子用ガラスに塗布された配向膜を指定されたテーブル速度、ローラー回転数、及び押し込み量で液晶分子を一定方向へ整列(ラビング)を行なう高精度の装置です。

研究用に最適

コンパクトサイズで価格も安価なので多くの研究施設等でご採用いただいております。

 

カンタン操作

操作盤のタッチパネルの指示に従い操作するだけ。ギャップ調整機構も目の前に配備しています

 

容易なメンテナンス

ローラー部分はトグルクランプを採用しているためローラー脱着が容易になっています。

 

ラビングステージ

ラビングステージ(写真左)

ワークサイズは仕様により柔軟に対応いたします。
当装置は100×100(mm)

 

 

 

 

前のページにもどる前のページに戻るページの先頭へページの先頭へ